惑星いちじく ハロウィンパーティー2014?*前編

ハロウィンパーティー2014?*前編




ピース
『さぁさぁ、皆様どうぞこちらへ♪
今年は残念ながら応接間をタロ様とジロ様がご使用中でして...
私のプライベートルームになりますがどうぞ!
あっ、
ハルタくんもさぁこちらへ!
ささ、こちらにお座りになってくださいませ


ハルタ
『は、はぁ...。』














DSC_0012_20141028144200bf5.jpg

ダリア
『.........。』


ハルタ
『.........。』



DSC_0036_20141028144203bb8.jpg

ピース
『今年は少々多忙でして、
ハロウィンパーティーの準備があまり盛大に出来ずに申し訳ないのですがどうかお許しくださいませね...
なんとかイモムシ三種盛りのほうは間に合わせましたので!』



ハルタ
『それは間に合わせなくていいですよ!




DSC_0046_20141028144204e5b.jpg

ダリア
『なんかさ...、毎年"ハロウィンパーティー"とか銘打ってるくせに
ただのくだらない座談会になってたから今更どうこう言うつもりはないけどさ...
今年酷くない?
もう"ハロウィン"の欠片すら粉末すら無くない?
こんなの最早イモムシパーティーじゃない!?』


ピース
『あ!
先輩にはいつもの黒缶をそちらに...』

ダリア
『それも前から言おうと思ってたけど俺が来るたびにさりげなく当たり前のように黒缶置いとかなくていいから!!』








DSC_0056_20141028144206a0b.jpg

フジ
『あの...、はるちゃん、
これよかったら食べる?』


ダリア
『キミはまだそれ持ってたのかよ!!』


ハルタ
『そ...それは...、
ピースさんの食べ残したマカロンでしょう?
いくら母さんからもらったものでもそれはちょっと...』


フジ
『まぁ...そうなの...残念だわ...。
仲良しになれると思ったんだけど...』


ダリア
『仲良しでもマカロンのシェアはしないと思うよマミー。』







DSC_0067_20141028144223c2f.jpg

ダリア
『ハイ!ちょっとキミたちよくきいて!
この調子じゃ例年のごとくまたグダグダになって終わるだけだから!
今日は有意義にこの座談会を進行していこうと思います!』





DSC_0080_20141028144226c15.jpg

ハルタ
『え、座談会って...今日はハロウィンパーティーでしょう?
仮装とかしたりお菓子食べたりして楽しむものじゃないんですか?』


ダリア
『こんなイモムシ三種盛りしかない状況でキミはよくそんなことが言えるね。
じゃあキミだけプリキュアのコスプレでもしてTrick or Treat!っつってイモムシもらって食ってれば?』


DSC_0068_20141028144224cea.jpg

ダリア
『キミたち、今日は俺が前もってお知らせしておいたアレはきちんと持ってきてるんだろうね?』


ハルタ
『あっ、はい。一応持ってきてますけど...』

ピース
『もちろんでございます先輩


ダリア
『じゃあ今日はもう意味のないハロウィンパーティーすっ飛ばしてアレやるから!!』











DSC_0085_20141028144227c2e.jpg

ダリア
『今日は
2014年惑星いちじく人気投票の
決起集会やります!!』




ハルタ
『えええ!?
決起集会!?』





DSC_0095_20141028144229b57.jpg

ピース
『私はそれで結構でございますよ先輩♪
先輩がお決めになることに何ら異論はございません
キリスト教徒でもないですし、ハロウィンなんて正直べつにどうでもいいですから。
私はダリア先輩と同じ空間で同じ空気を吸うことができれば何だって構いません

ダリア
『ありがとう!ピース!』

ハルタ
『で、でもせっかく一年に一回のハロウィンなんですからちゃんとやりましょうよ!
母さんとハロウィンパーティーできるっていうから来たのに...
人気投票なんてただ争いの元になるような話をわざわざ今やらなくても...』


ピース
『人気投票だって一年に一回の大事な行事じゃないですか。
貴方ダリア先輩がお決めになったことに文句をつけるなんて全く許されざる愚行ですから。この星ではダリア先輩が法なのですから。』

ハルタ
『いやここ惑星チェリーでしょう!?
あなたが惑星チェリーの王様なんですからその理屈で言うとあなたが法なんじゃ...』

ピース
『私にとってダリア先輩が法なのですからこの星ではダリア先輩が法という理屈に何ら問題ありませんが何か?』


DSC_0033_2014102814420121b.jpg

ピース
『貴方だってどうせハロウィンパーティーにかこつけて、ただフジさんに甘えたいだけなんでしょう?
こンのオクソマザコンめが。

ハルタ
『なっ...!お...おくそ...』

ピース
『ではそのようにハロウィンハロウィン仰るなら、
お一人でそこのジャック・オー・ランタンの前で土下座しながらイモムシ三種盛りを召し上がっていればよろしいのです。
私のベッドの上になど座らないでくださいませ。おねしょされると困りますので。』


ハルタ
『なっ...、お...おね...っっ』





DSC_0103_201410281442477b8.jpg

ハルタ
『あなたが最初ここに座れって言ったから座ったんでしょう!?
それに僕おねしょは小学校3年生で止まってますから!!!』


ダリア
『小3までおねしょしてたってヤバくない?』



ピース
『貴方みたいな何の役にも立たないあってもなくてもべつになんら困らない眉毛のような存在の人間がダリア先輩に意見するなんておこがましいにも程があるんですよ。』

ハルタ
『眉毛は大切じゃないですか!!
あなた、自分の眉毛がそれだけしかないからって眉毛を軽視しないでくださいよ!!』


ダリア
『あーーもーーうるさいうるさい!
眉毛どーでもいいから俺の話きこう!?』





**中編に続く!
web拍手 by FC2

COMMENT


-*--*-*--*-*--*-*--*-*--*-*--*-*--*-

★Re: にんぢんさん

いいでしょうコレwwww
蜂の子なんだけど、めっちゃプリプリしてるでしょうwwww
ハロウィンパーティーといえばイモムシが定番メニューになっている惑星チェリーヽ(^ω^)ノ
パラレルのほんわかショタぶち壊しな二人だけど、最後は結構仲良しな感じにまとまる…かも?w

| ★☆花 | 2014/10/30 | URL | ≫ EDIT


-*--*-*--*-*--*-*--*-*--*-*--*-*--*-

★三種盛りwww

芋虫メニュー増えたwwwwなんかメインっぽいツヤツヤのパンパンのが凄い!!リアル(`;∀;´).。.:*♡

前回のあの可愛いやり取り(パラレルだけどw)からのいつもの流れに寂しさと安心感で私の心は複雑だよ.˚‧º·(´ฅωฅ`)‧º·˚てか、座談会楽しみだwww♡

| ★☆にんぢん | 2014/10/29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

HOME : TOP