惑星いちじく 歪められた純愛 -3-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

歪められた純愛 -3-

P1013417_20130429142934.jpg

タロ
『ダリア...、
そなたがピースから聞いた通り、
ピースの父、シャロムは王室に仕える御用達じゃった。
ほうぼうの惑星から仕入れた珍しい品々を我が王室に納めておった。
奴のセンスは確かなものでな。
王室は奴の納める様々な珍しき品々のおかげで潤っておった。

...そして、我々はシャロムを見込んである任務を下した。』



ダリア
『......任務?』



ジロ
『敵対する蛙座L77星から黒竜族を密かに奪い持ち帰ること。
あの星に古来より伝わる黒竜族の噂...
死にかけた人間に再び命を吹き込む神のような種族。
...大変興味深い。それが真実であれば、是非とも我が星にもと。
そして我々が蛙座L77星から黒竜族の所有権を剥奪する。
うまく利用すれば金になる。この星の民も潤うであろう。』






P1013423.jpg

フジ
『............。』




タロ
『しかし、既に蛙座L77星では黒竜族への迫害が始まっておってな...。
絶滅寸前となった黒竜族を見つけ出すのは容易なことではなかった。
シャロムはスパイとして蛙座L77星に長期間潜伏し、任務を遂行することになったのじゃ。

...それ故、ピース...そして妻であるコギクとも離れて暮らす日々が続いた。』















P1013612_20130429143044.jpg

タロ
『シャロムは大変妖艶な男でのう...
容姿も美しいが、人の心を掴んで離さぬ不思議な魅力を持った男じゃった。

家庭を顧みず遊興にふけり、複数の女を手玉に取り...、
それを有益に各所の重役に取り入る...。
それ故あのように珍しき品々、宝物を安々と集めてこれたのかもしれぬが、
奴の淫らな振る舞いを、妻のコギクは日々嘆いておった。
酷く心を痛めておった。


...そして、その消化しきれぬ痛みと怒りは、
いつしかコギクの心を壊してしもうた。


最も愛しき存在であるはずのピースすら、
その閉じた心に入り込むことが出来なかったのじゃ。

...いや、"最も愛しき存在であるはず"じゃからこそ...かもしれぬ。

かつてのコギクは大変優しき女でのう...
情が厚く責任感の強い真面目な母親...。
母として、
子を健やかに育て上げねばならぬと日々自責しておった。

......そして、いつしかコギクの想いは鋭い刃となり、
己の心を突き刺し、砕いた...。』















P1013428_20130429142939.jpg

タロ
『まだ幼いピースは純粋に父と母を求めた。
子が父と母の愛を求めるのは当然のことじゃ。
そして、父と母が子に無償の愛を注ぐのも当然のことじゃ。

...しかし、ピースにはそれが"当然"ではない。

ワシらが過酷な任務を申し付けたせいで、
シャロムは前にも増して家庭に帰ることがなくなった。
そして母は、その痛みから心を壊し、
幼いピースを抱きしめることをやめた。』








P1013615.jpg

タロ
『......抱きしめるはずのその手で
幼いピースを殴りつけ、
ピースが泣きじゃくっても捨て置いた。

コギクの瞳に、ピースが映ることはなく、

そして、己が映らぬ愛しい母の瞳を
黙ってピースは見つめ続けた...』









P1013439_20130429143036.jpg

ダリア
『.......その状況を知っていながら、
なぜあんたたちはピースと母親を放置したんだ...?
助けようと...しなかったのか...?』




ジロ
『勿論、気にかけてはいた。
それ故当時の状況をこのように把握しているのだ。
しかし我々は王室にお仕えする身ゆえ、
勝手な振る舞いはそう容易ではなかった。
気にかけ監視することしか当時は出来なかったのだ。』






P1013438_20130429142945.jpg

タロ
『ピースを我々の養子として王室に迎え入れ、
コギクの元から離し保護するという話は勿論何度も検討したのじゃ。
...しかし、ピースはそれを頑なに拒み、
母と二人で暮らすことを望んだ。
いや、母と二人...父の帰りを待ちながら、
いつの日か父と母と...家族揃って暮らすことを。

母からどんな仕打ちを受けても、
ピースは母から離れようとせんかったんじゃ...。

じゃからワシらは、陰からピースとコギクを見守った。
召使いを差し向け、食事の支度、掃除、身の回りの世話を手伝わせ、
狂った母を置いて学校に行けぬピースに読み書きや学問を教えた。

...コギクは日々壊れていき、
虚ろな目をして無気力にひたすら身体を横たえておる時もあれば、
突然、思い出したように怒り狂ってピースを殴り続ける時もあった。

ピースはひたすら耐えておった......』













P1013619_20130429143501.jpg

タロ
『そしてついに......
恐れていたことが起こってしもうたのじゃ...。

..............
このようなこと、
今更後悔してもどうにもならぬが......
もっと早うに...シャロムの任務を取りやめさせ、
家に帰してやるべきだったんじゃ......』



ジロ
『しかし仕方ないであろう!
既にシャロムは行方知れずであったし、
あの任務は星のためであり...』



ダリア
『五月蝿い。
何があったんだ。
早く言え。』














P1013629_20130429143504.jpg

タロ
『..............。
ある日、ワシが家を訪ねると、
......コギクが、自らの首を切り裂き、
死んでおったのじゃ。

その隣には、ピースが倒れておった。

........か細き白い首には くっきりと、
手の痕がついておった......。』












ランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ 韓国・海外ドールへ
ポチっと応援してくださると嬉しいです
web拍手 by FC2

COMMENT


-*--*-*--*-*--*-*--*-*--*-*--*-*--*-

★Re: にんぢんさん

いえいえ、ピーちゃんの首を絞めたのは、小菊ママンですよね...。
彼はお母さんに殺されかけてしまったわけです。

そして次の更新で更にピースの闇が明らかになります...
トッポをお忘れなく!(笑

ワーカホリック...
シャロムさん、ワーカホリックというよりもたぶん、
ただのスケコマシだったんでしょうな...

| ★☆花 | 2013/05/12 | URL |


-*--*-*--*-*--*-*--*-*--*-*--*-*--*-

★ををを…:(;゙゚'ω゚'):

手のあとはやっぱりキッズサイズの手のあとだったんですかね…。゚(゚´Д`゚)゚。 トッポも忘れた…展開が切なくてコーヒー溢した!

絶妙な所で終わった。゚(゚´Д`゚)゚。 今夜は眠れぬ!!うわぁぁん…小菊ちゃん…。゚(゚´Д`゚)゚。ワーカホリックはだからイカンのだ!!……( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )スンスン

| ★☆にんぢん | 2013/05/12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。