惑星いちじく 初心者にもなんとなくわかる『V.P.H』おさらい編*6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

初心者にもなんとなくわかる『V.P.H』おさらい編*6



フジ
『そう......。
とっても残念だけど...、
はるちゃんが決めたことなら仕方ないわね。
もうはるちゃんも19歳ですものね。
いつまでも母さんの思い通りに言うこときいてくれないわよね。
ごめんね...、嫌々やってたのに無理させてしまって。』





P1013771_20121208190849_20130423122002.jpg


一方、ハルタ殿はフジ殿に
キタローを辞めたことを告げるでござるな。

熱心にキタローを応援していたフジ殿は寂しそうでござる。






P1013783_20130423122001.jpg

ハルタ
『あの......、母さん。
...............。
僕がこんなこと言うのは、
おかしいと思うかもしれないけど......
母さんが言うように僕はもう子供じゃないし、
小春は僕よりしっかりしてる。
だから...あの......、
もし母さんに好きな男の人が出来たりしても、
僕たちのことは気にしなくていいですから...。
母さんには母さんの人生があるし...。
キタローとか...そんな架空の人物を恋人に想うとか
そういうふうに諦めないでください。』








P1013829_20121208191000_20130423122000.jpg

ハルタ
『ダリアさんの件は確かに反対しましたけど...
妻子持ちとかそういう問題のある人じゃなければ、
僕はもう反対なんかしません...!
母さんが好きになった人なら...

僕は...
せっかく母さんが好きになった人を...
母さんを愛してくれた素敵な人を拒んでしまった。
...僕のガキっぽいワガママのせいで、
母さんは幸せを逃してしまった。
僕が今更こんなこと言うのは調子が良すぎるだろうって、
自分でも自分がイヤになるけど...』





P1013879_20130423122000.jpg

小春
『小春もお兄ちゃんと同意見だからね。
あんまり堅苦しく考えないでさぁ~、
コブ付きでも独身なんだから
たまには男の人とデートくらいしてもいいんじゃない?』



そっ...その御役目、僕が是非とも!!


しつこいでござるおおとり殿。



P1013896_20130423121959.jpg

フジ
『もう、二人ともいい加減にしなさい。
バカなこと言わないでちょうだい。
母さんはね、男の人なんか居なくても幸せなの。
あなたたちが居てくれたらそれで充分なの。』



そ...そんな...っ
フラれてしまいました...っ!
うぅっ...ぐすっ...隊長ォ.....



イヤ、フラれる以前の問題でござろう。













P1013959_20130423122256.jpg

チェリー
『ダリア様ったら...、
どうしていちいちそんなこと訊くんですの?
ダメって言ってもどうせ連れて行くくせに。』





その頃ダリア殿はチェリー殿に、
フジ殿同伴での出張旅行の許可をもらおうとしていたでござる。






ダリア
『イヤ、姫様がダメって言うんなら絶対連れてかない!』


チェリー
『だからあたくしが絶対ダメって言わないことわかっててそんなこと訊いてるくせに。』



ダリア
『なっ...!!
俺はそんな計算高い男じゃないよ!
姫様がイヤなら本当に俺は...』


チェリー
『冗談ですわよ。
付いていってあげて。
仙人も一緒なんでしょう?
二人っきりじゃないならべつになんとも思いませんから。
いちいちそんなこと気になさらないで♪』









P1014050_20130423122255.jpg

そして、フジ殿が出張に同行しようとしている本当の目的、
隠された記憶の仕組みについてチェリー様に説明したダリア殿。



ダリア
『フジちゃんにとって何かしら都合の悪い記憶なんだろうけど...
この2つの記憶が別々なのか、繋がっているのか、
黒竜族である自分とハルタの父親が何か関係しているのか、
ノッコちゃんは気になって仕方ないのかな。』



チェリー
『あの子、ああ見えて結構律儀で細かいところあるものね...。
きっとまだ、
自分がフジの体を乗っ取ってしまったって気にしてるんだわ...。
もうそんなこと忘れて素直にハルタや小春と暮らせばいいのに。
今はもうちゃんとフジの人格も蘇ってるんだから...。』









P1014086_20121209125502_20130423122254.jpg

ダリア
『.........。
それゆえ、そちがもし"連れて行かないで"と言うのならば、
ちょうど良い口実になると思うたのだがな...。


......すまぬ。
余はやはり計算高い男なのかもしれぬ。
...連れて行きとうないのじゃ、本当は。

フジちゃんとノッコちゃんには、このまま穏やかに暮らしてほしい。


知らなくてもいいこと...
忘れたくても忘れられないこと...
そういう痛みが人を強くするのかもしれないけど、
出来ればケガなんかしてほしくないじゃない...

ケガをすれば自分だけじゃなくて、
自分を愛してくれる大切な人にも心配かけちゃう。

親っていうのは、
子供の前で強くあろうとするものだし...。
彼女にも、素直に弱音を吐ける場所があればいいのにな。』





P1014017_20121209125418_20130423122255.jpg

ダリア
『あっ!そっか...ピース!
ピースだよ!
心がひび割れた者同士、あの二人は結構うまくいくかもしれない...。
ピースの爛れた情事はきっと熟女のフジちゃんが聖母の如く諭してくれると思うし、
そうすると俺はピースの執拗なセクハラから開放されるし、
もしフジちゃんが傷つくようなことになってもピースが抱きしめてあげればいい!
それにあの二人がくっつけば惑星チェリーと惑星いちじくはより親密になって
色々と惑星チェリーから援助もしてもらえる!
まさに一石四鳥じゃないの!


『ダリア様。
そんなにフジが誰かのモノになっていないと不安ですの?
ご自分が抱きしめてしまいそうで。』



P1014112_20130423122253.jpg

ダリア
『ちっ...ちがうっ!
そんなんじゃないよ!』


チェリー
『じゃあ逆かしら。ピース?』


ダリア
『絶対ないから!
ていうかピースのことは姫様が俺に丸投げしたんでしょ!?』



さすがチェリー殿。
全てお見通しのようでござるな。
図星を突かれてテンパッてるでござるよダリア殿。




P10141341_20130423131136.jpg

チェリー
『いじわるなこと言ってごめんなさいダリア様。
あたくしはそんなにデキた女じゃないから、
目の前で他の女の心配されたらちょっとムカついちゃうの。
子供っぽくってごめんなさいね。

...でも、
あたくしもダリア様と同じ気持ちよ。
フジにはもう、傷ついてほしくない。
あの子がまた堕ちてしまわないように、
しっかり手を握っていてあげて、ダリア様。』




隊長ォーーー!!
なんという健気な妻なんでしょうかチェリー様は!!
僕やっぱりチェリー様でも......
あっ...!しかし毎日カビおにぎりはやっぱりキツイし...
どうしましょう隊長ォーーー!!



要らぬ心配でござるよおおとり殿。









P1015519_20130423151528.jpg


そして、いよいよ出張の日でござる。



P1015539_20121226155517_20130423151527.jpg

そこへなんと......






P1015568_20121226155516_20130423151526.jpg

ハルタ
『僕はハルタです!!
キタローの正体はハルタです!!
ずっと黙っていてすいませんでした!!』



辞めるのならば、きちんと筋を通して
ダリア殿に正体をバラしてから辞めなさいと、
フジ殿に言われたからでござるな。








P1015584_20130423151526.jpg

ダリア
『えっ...?ちょっと...えぇ?
なにいってんの...?
きたろーくんなにいってんの?
はるただって?
ぼくはるただって?』



ですが隊長ォー!
少々やり方が卑怯じゃないでしょうか!?
瞬間移動の術が発動してしまってから言うだなんて!



出張先で冷静になる時間を与えて
帰って来るまでに怒りを薄めさせる魂胆?...とか、
チェリー殿にも指摘されていたでござるな。

でもダリア殿の場合、
時間が経てば経つほど妄想に拍車がかかって厄介なことになるタイプでござるから、
これはきっと逆効果でござるよハルタ殿!!


さてさて、ここで第一部が終了したでござる。
次からは"Vice+Pain=High第ニ部"が始まるでござるよ!

おさらい編*7に続くでござるーーー!



ランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ 韓国・海外ドールへ
ポチっと応援してくださると嬉しいです
web拍手 by FC2

COMMENT















非公開コメント

HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。